ホーム>よくあるご質問>IGRA検査の特徴
よくあるご質問

IGRA検査の特徴

Q IGRA検査の正式な名称は何ですか?
A Interferon-Gamma Release Assaysの各頭文字を採ったものです。日本語では、「インターフェロン-γ遊離試験」と訳されています。
Q IGRA検査とは、どのような検査ですか?
A 血液を使って結核菌に感染しているか否かを診断するための検査です。結核に感染している人の血液中には、結核菌群特異抗原に対して抗原特異的に反応してインターフェロン-γを産生分泌するTリンパ球が存在しますので、結核菌群特異抗原で刺激して産生されたインターフェロン-γをIGRA検査技術で測定し、その量で感染を診断します。
Q IGRA検査には、クォンティフェロンTBゴールドとT-スポット.TBとありますが、どのように違うのでしょうか?
A クォンティフェロンTBゴールド(以下QFT-3G)は、全血を結核菌群特異抗原で刺激し、血漿中に産生されたインターフェロン-γ(以下IFN-γ)の総量をELISA法により定量します。T-スポット.TBは、全血より末梢血単核球を精製・濃縮し、これを結核菌群特異抗原で刺激します。T-スポット.TBではELISPOT法により、IFN-γ産生細胞の個数を測定します。

 

ページ上部へ